模範解答速報とは

管理栄養士国家試験模範解答速報を手に入れる方法をいくつか紹介します。まず、国家試験終了後に会場出入り口付近で模範解答速報を受験対策学校のチラシと共に配っている人がいます。そこで手に入るのはすべての問いの模範解答速報ではなく、ごく一部です。帰宅してからは、模範解答速報を配布していた各受験対策学校のサイトを確認してください。そちらでは、管理栄養士国家試験の全問の模範解答速報が公開されるはずです。

模範解答速報の信頼性

有名な受験対策学校のサイトで発表されている模範解答速報ですが、間違いがないとは言い切れません。毎年数問くらい異なるものがあります。模範解答速報の信頼は9割5部ぐらいで考えておくと良いでしょう。

スポンサードリンク

第28回管理栄養士国家試験

試験期日: 平成26年3月23日(日) 試験地: 北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、岡山県、福岡県及び沖縄県 受験願書配布時期: 平成24年12月より窓口にて配布予定 (配布場所は、各地方厚生局、都道府県庁、保健所(一部除く)、厚生労働省ホームページ) 受験願書受付期間: 平成26年1月10日(金)〜1月17日(金) 受験手数料: 6,800円(収入印紙)

管理栄養士国家試験とは

管理栄養士は難関の国家資格として知られています。管理栄養士は施設に一人いれば良いので、管理栄養士として働くには求人も少ないです。 しかしながら、食品や医薬品のメーカーの営業職などに就職活動する際には、管理栄養士の資格を持っていると優位になる企業も有ります。

管理栄養士国家試験 受験ストーリー

管理栄養士を目指す康子の事例
管理栄養士国家試験の受験資格を得られる栄養学部に通学する康子は、その管理栄養士試験に合格するために大学生活は勉強ばかりしていた。バイトもせずに大学生活を受験対策に費やしたのである。その甲斐あって、各学年を首位の成績で進級してきた。康子が受験する管理栄養士国家試験の日程は平成23年3月20日であり、試験日まで残り1週間となった。今日は、以前受けた予備試験の試験用紙と模範解答を手に復習をしている。この予備試験は、大学の先生が過去の管理栄養士国家試験を元に作成し、学部の全学生が受験した。実は、この試験で康子は合格ラインを超すことができなかったのだ。今まで試験に不安を覚えなかった康子が初めて不安になった試験である。自分がなぜ合格ラインを超すことができなかったのか、自身の解答と先生の作った模範解答とを見合わせて考えてみた。予備試験ではケアレスミスばかりであった。今までケアレスミスがなかった康子にとって、管理栄養士国家試験を目の前にしてスタンプという言葉が思い浮かんだ。しかし、本当の原因はそこにはなかった。実は、康子はこの3月に大学を卒業する予定であるにもかかわらず、就職先が決まっていない。管理栄養士の職務に着くことを目指して、就職活動をしてきた。しかし、管理栄養士の資格を活かした求人は、倍率が高く、たくさんの採用試験を受験したにもかかわらず内定を1社からも獲得することができなかったのだ。管理栄養士国家試験に合格し、晴れて管理栄養士となったとしても、その職を手に入れることができるかわからない、そんな不安で受験対策にも身が入らないままで時間が過ぎていった。 そして、平成23年3月20日、管理栄養士国家試験の当日がやってきた。学業の神様と知られている湯島天神のお守りをバッグに付けて、試験会場に向かう。試験に集中しなければいけない。そう康子は自分に言い聞かせていた。国家試験の時間はあっという間に過ぎた。試験を終えて会場をでると、出口付近では模範解答速報を配る業者の姿が目に入った。自己採点をしても合格できるかどうかが変わるわけではない。しかし、日本人の行動特性なのかしらないが、周りの受験生が模範解答速報を受け取っているのを見ると、自分も自然と業者から模範解答速報を受け取っていた。